公的機関での証明

水素水サーバーで唯一、国の公的機関で検査が行われている。
検査結果で機器の安定性が証明されています。

HWP-100LSは唯一、公的機関(社団法人 日本食品衛生協会)で機器の安定性が証明されています。

左表は安定性の内容、表紙はその時の証明書のものです。設置稼働後の生成水素水の安定性が示されています。

他の水素水サーバーと違って言える事は、しっかりとしたデータを公的機関でとれている事が弊社のHWP-100LSの魅力です。



純水+水素の水素水

多段式ROろ過システムを搭載し、水道水を純水にし、独自の電気分解をして水素水を生成します。純水を電気分解するので水素発生装置電極板にスケール付着(カルシウムやマグネシウム)がなく、メンテナンスフリーで、いつでも安定した能力で水素水を生成します。

公的機関での検査項目は、製品の安定性・生成される水素水の水質検査です。機器の安定性、生成水素水の還元電位・溶存水素の安定性・維持力に優れており、公的機関での検査によるデータ証明があります。