高濃度水素水には多くの水素が溶存されており、身体のすみずみまで水素が行き渡ります。
例えば、0.5ppm含有の水素水を飲んだ場合、1個の細胞に対して500万個の水素が約20分という短時間で全身の細胞に行き渡る計算になります。水素水は細胞膜を通過し、ポリフェノールやビタミンでは通過できない細胞膜にも届きます。



 日本のお水は硬度が低い。その上、外国に比べカルシウムやミネラル分が少ない。カルシウム等のミネラル成分が多いと、ROフィルターでろ過をしても電解槽にスケール(白い石灰)が付き、水素をうまく発生させてくれなくなります。

 日本の水質、上下水道の浄水技術が優れているからこそ、水素水サーバーは存在できるのです。
そのため、細かいメンテナンスが不要であり、お客様に手間を取らせません。水質の良い地域であれば、蛇口からの水道水でもおいしいお水がお飲みになれます。しかし、安全基準を満たすため消毒が必要な水質の地域では、お水に塩素等を加え消毒しなければなりません。消毒のため、塩素等は必要不可欠ですが、塩素が多すぎても身体にはよくありません。

 ペットボトルのお水であったり、ウォーターサーバーが普及しているのは、皆さんのお水に対する意識が高まっている証拠。健康や美容に対するすばらしいセルフケア、健康意識